Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの起動とデータベースへの接続 » SQL Anywhere データベース接続 » Sybase Central、Interactive SQL、SQL Anywhere コンソール・ユーティリティからの接続

 

[接続] ウィンドウを開く

Sybase Central の起動時は、[接続] ウィンドウを手動で開く必要があります。

Interactive SQL の起動時は、[接続] ウィンドウは自動的に表示されます。手動で開くには、[SQL] - [接続] を選択します。

♦  [接続] ウィンドウを開くには、次の手順に従います (Sybase Central の場合)。
ヒント

「接続プロファイル」を使用すると、指定されたデータベースへの 2 回目以降の接続を簡単かつ迅速に行えます。

♦  [接続] ウィンドウを開くには、次の手順に従います (Interactive SQL の場合)。
  1. Interactive SQL で、[SQL] - [接続] を選択します。

    [F11] キーを押して [接続] ウィンドウを開くこともできます。

  2. データベースの接続パラメータを指定します。たとえば、サンプル・データベースに接続するには、次の手順に従います。

    • [ID] タブをクリックします。

    • [ODBC データ・ソース名] - [SQL Anywhere 11 Demo] を選択します。

    • [OK] をクリックします。

♦  [接続] ウィンドウを開くには、次の手順に従います (SQL Anywhere コンソール・ユーティリティの場合)。