Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » レプリケーション » Replication Server を使用したデータのレプリケート » LTM の使用

 

トランザクション・ログとバックアップの管理

Adaptive Server Enterprise LTM と SQL Anywhere LTM が異なる点として、Adaptive Server Enterprise LTM がテンポラリ・リカバリ・データベースに依存して古いトランザクションにアクセスするのに対し、SQL Anywhere LTM は古いトランザクション・ログへのアクセスに依存していることがあります。SQL Anywhere LTM には、テンポラリ・リカバリ・データベースはありません。

レプリケーションはトランザクション・ログ内のオペレーションへのアクセスに依存するので、SQL Anywhere のプライマリ・サイト・データベースの場合は、古いトランザクション・ログにアクセスする場合があります。この項では、SQL Anywhere のプライマリ・サイトでバックアップ・プロシージャを設定して、古いトランザクション・ログに正しくアクセスする方法を説明します。

トランザクション・ログ喪失の影響

SQL Anywhere のプライマリ・データベース・サイトでは、しっかりバックアップを取ることが重要です。トランザクション・ログを失うと、レプリケート・サイト・データベースを実体化し直さなければならないことになります。プライマリ・データベース・サイトでは、トランザクション・ログ・ミラーを使うことをおすすめします。

トランザクション・ログ・ミラーとその他のバックアップ・プロシージャの詳細については、トランザクション・ログ・ミラーバックアップとデータ・リカバリを参照してください。

LTM 設定ファイルには、バックアップされたトランザクション・ログがどこに保存されているかを示すディレクトリ・エントリが含まれています。この項では、このディレクトリが適切な形のままであるようにバックアップ・プロシージャを設定する方法を説明します。

バックアップ・ユーティリティのオプション

バックアップ・ユーティリティには、バックアップ時にトランザクション・ログの名前を変更して再起動するオプションがあります。dbbackup ユーティリティでは、これが -r オプションです。プライマリ・データベースとレプリケーション・データベースのトランザクション・ログをバックアップするときには、このオプションを使用することをおすすめします。

たとえば、データベース primedb.db がディレクトリ c:\prime の中にあり、トランザクション・ログのパスが d:\primelog\primedb.log であるとします。名前の変更と再起動のオプションを使用して、このトランザクション・ログをディレクトリ e:\primebak にバックアップするには、次のタスクを実行します。

  1. バックアップ・ファイル e:\primebak\primedb.log を作成して、トランザクション・ログをバックアップします。

  2. 既存のトランザクション・ログの名前を d:\primelog\YYMMDDxx.log に変更します。xx は、AA から ZZ までの連続した英字です。

  3. 新しいトランザクション・ログを d:\primelog\primedb.log として開始します。

    バックアップを何回か行うと、ディレクトリ d:\primelog に連続した名前の一連のトランザクション・ログができます。ログ・ディレクトリには、このバックアップ・プロシージャで生成された一連のログ以外のトランザクション・ログが含まれないようにしてください。

  4. LTM 設定ファイルを変更し、SQL_log_files を e:\primebak ではなく d:\primelog に設定します。e:\primebak ディレクトリはリカバリだけに使用され、ログのスキャンには使用されません。


delete_old_logs オプションの使用
アンロード・ユーティリティとレプリケーション