Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの起動とデータベースへの接続 » SQL Anywhere for Windows Mobile

 

Windows Mobile 上でのデータベース・サーバの実行

通常のクライアント/サーバの配置では、データベース・サーバは、クライアント・アプリケーションのコンピュータより高性能でリソースが多いコンピュータで稼働します。しかし、Windows Mobile ではこれは当てはまりません。Windows Mobile では、それほど性能が高くないコンピュータでデータベース・サーバが稼働します。

Windows Mobile には、ネットワーク・データベース・サーバが提供されています。ファイル名は dbsrv11.exe です。ネットワーク・データベース・サーバは、TCP/IP 経由の通信をサポートします。Windows Mobile はネットワーク・データベース・サーバをサポートするため、コンピュータで管理ユーティリティを使用して、Windows Mobile データベースに対するタスクを実行できます。次に例を示します。

  • コンピュータで Sybase Central を使用してデータベースを管理できる

  • コンピュータ上の Interactive SQL を使用して、データのロードとアンロード、クエリを実行できる

詳細については、Windows Mobile での管理ユーティリティの使用を参照してください。

Windows Mobile データベース・サーバは、明示的な要求がないかぎり、TCP/IP ネットワーク・リンクを開始しません。

Windows Mobile でのデータベース・サーバの起動については、チュートリアル:Sybase Central から Windows Mobile データベースを実行するを参照してください。

Windows Mobile では、すでに最初の SQL Anywhere データベース・サーバを実行中に 2 番目のサーバを起動しようとしても、最初のデータベース・サーバだけが動作します。Windows Mobile アプリケーションではこれが標準の動作になります。そのため、Windows Mobile デバイスでは 2 つのデータベース・サーバを同時に実行することはできません。ただし、SQL Anywhere は 1 つのデータベース・サーバ上で複数のデータベースを実行することはサポートします。


Windows Mobile でのサーバ・オプションの指定