Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの設定 » データベース・オプション » データベース・オプションの概要 » アルファベット順のオプション・リスト

 

auditing オプション [データベース]

データベースでの監査を有効または無効にします。

指定可能な値

On、Off

デフォルト

Off

スコープ

PUBLIC グループのみに設定できます。すぐに有効になります。DBA 権限が必要です。

備考

このオプションは、監査のオンとオフを切り替えます。

監査とは、データベース内の多数のイベントに関する詳細をトランザクション・ログに記録することをいいます。監査を行うと、パフォーマンスに少し負荷がかかりますが、いくつかのセキュリティ機能を得られます。データベースの監査をオンにした場合、トランザクション・ログの使用を停止することはできません。トランザクション・ログを停止するためには、監査をオフにする必要があります。監査がオンであるデータベースを読み込み専用モードで起動することはできません。

auditing オプションを機能させるには、auditing オプションを On に設定し、sa_enable_auditing_type システム・プロシージャを使用して監査の対象とする情報のタイプを指定する必要があります。監査は、次のいずれかが該当する場合、有効になりません。

auditing オプションを On に設定し、監査オプションを指定しない場合は、すべてのタイプの監査情報が記録されます。または、sa_enable_auditing_type システム・プロシージャを使用して、パーミッションのチェック、接続試行、DDL 文、public オプション、トリガから任意に組み合わせて記録することもできます。

参照

監査をオンにします。

SET OPTION PUBLIC.auditing = 'On';