Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの起動とデータベースへの接続 » データベース・サーバ » データベース・サーバ・オプション

 

-b サーバ・オプション

バルク・オペレーション・モードを使用します。

構文
{ dbsrv11 | dbeng11 } -b ...
適用対象

すべてのオペレーティング・システムとデータベース・サーバ

備考

これは、Interactive SQL INPUT コマンドを使用して、大量のデータをデータベースにロードする場合に役立ちます。

LOAD TABLE を使用してデータをバルク・ロードする場合は、-b オプションは使用しないでください。

このオプションを使用した場合、データベース・サーバでは、1 つのアプリケーションで 1 つの接続しか確立できなくなります。ロールバック・ログは保存されますが、トランザクション・ログは保存されません。マルチユーザ・ロッキング・メカニズムはオフになっています。

-b オプションでデータをロードした後、初めてデータベース・サーバを起動する場合は、新しいログ・ファイルを使用してください。

バルク・オペレーション・モードにしても、トリガは起動不可になりません。

参照