Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの保守 » バックアップとデータ・リカバリ » データベースのリカバリ » 複数のトランザクション・ログがあるデータベースのリカバリ

 

-a サーバ・オプションを使用した、複数のトランザクション・ログがあるデータベースのリカバリ

-a サーバ・オプションを使用して単一のトランザクション・ログ・ファイルをデータベースのバックアップ・コピーに適用することで、データベースをリカバリします。このオプションを指定すると、データベース・サーバはログを適用した後、停止します。複数のトランザクション・ログがある場合、ファイルを 1 つずつ正しい順序 (古いものから最新のものへ) で適用する必要があります。

♦  -a サーバ・オプションを使用して複数のトランザクション・ログからリカバリするには、次の手順に従います。
  1. -a を使用してデータベース・サーバを起動して、バックアップ・トランザクション・ログをデータベースのオフライン (バックアップ) コピーに適用します。

    -a データベース・オプションを参照してください。

  2. データベース・サーバを起動して、現在のトランザクション・ログをデータベースのバックアップ・コピーに適用します。

次の例では、-a データベース・サーバ・オプションを使用して、オフライン (バックアップ) および現在のトランザクション・ログをサンプル・データベースのバックアップ・コピーに適用します。

  1. データベース・サーバを起動し、backupdemo.log というバックアップ・トランザクション・ログを backupdemo.db というデータベースのバックアップ・コピーに適用します。

    dbeng11 backupdemo.db -a backupdemo.log

    データベース・サーバがバックアップ・トランザクション・ログをデータベースのバックアップ・コピーに適用した後、停止します。

  2. データベース・サーバを起動して、demo.log という現在のトランザクション・ログをデータベースのバックアップ・コピーに適用します。

    dbeng11 backupdemo.db -a demo.log

    データベース・サーバが現在のトランザクション・ログをデータベースのバックアップ・コピーに適用した後、停止します。

参照