Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの起動とデータベースへの接続 » データベース・ファイルの処理

 

データベースの作成

Sybase Central、Interactive SQL、またはコマンド・ラインを使用して、SQL Anywhere データベースを作成または「初期化」できます。データベースを作成したら、そのデータベースに接続して、テーブルやその他のオブジェクトを構築できます。

他のアプリケーション設計システムには、Sybase PowerDesigner Physical Data Model のようにデータベース・オブジェクト作成ツールを備えたものがあります。これらのツールで作成された SQL 文は、通常 ODBC インタフェースを通してデータベース・サーバに送信されます。このようなツールを使えば、テーブルの作成、パーミッションの割り当てなどを行う SQL 文を構築する必要はありません。PowerDesigner Physical Data Model についてを参照してください。

データベース設計の詳細については、SQL Anywhere でのデータベースの作成を参照してください。

トランザクション・ログ

データベースを作成するには、トランザクション・ログを配置する場所を決定しなければなりません。このログには、データベースへ加えられた変更内容が、変更された順に格納されます。データベース・ファイルでメディア障害が発生した場合、トランザクション・ログはデータベースのリカバリに重要な役割を果たします。また、トランザクション・ログを使用すると、より効率的に作業できます。デフォルトでは、トランザクション・ログはデータベース・ファイルと同じディレクトリに配置されますが、この方法での運用はおすすめしません。

トランザクション・ログの配置の詳細については、トランザクション・ログを参照してください。

データベース・ファイルの互換性

SQL Anywhere データベースはオペレーティング・システム・ファイルです。このデータベースは、他のファイルと同様に別のロケーションにコピーできます。

ファイル・システムのファイル・サイズの制限事項や大きなファイルに対する SQL Anywhere のサポートが適用される場合以外は、すべてのオペレーティング・システム間でデータベース・ファイルには互換性があります。SQL Anywhere のサイズと数の制限を参照してください。

オペレーティング・システム間の互換は、データベース・ファイルをコピーすれば可能です。同様に、パーソナル・データベース・サーバで作成されたデータベースは、ネットワーク・データベース・サーバで使用できます。SQL Anywhere データベース・サーバは、旧バージョンのソフトウェアで作成されたデータベースを管理できますが、旧バージョンのサーバは新バージョンのデータベースを管理できません。


データベースの作成 (Sybase Central)
データベースの作成 (SQL)
データベースの作成 (コマンド・ライン)
トランザクション・ログ・ミラーを含むデータベースの作成