Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの起動とデータベースへの接続 » 接続パラメータとネットワーク・プロトコル・オプション » ネットワーク・プロトコル・オプション

 

BroadcastListener プロトコル・オプション [BLISTENER]

指定したポートのブロードキャスト受信を制御します。

使用法

TCP/IP (サーバ側)

YES、NO

デフォルト

YES

備考

このオプションを使用して、このポートのブロードキャスト受信を OFF に設定できます。

-sb 0 を指定することは、TCP/IP で BroadcastListener=NO に設定するのと同じことです。

ブロードキャスト受信が OFF の場合、データベース・サーバが UDP のブロードキャストに応答しません。したがって、クライアントは HOST= TCP プロトコル・オプションを使用してデータベース・サーバのホスト名を指定するか、データベース・サーバを LDAP に登録し、クライアントで LDAP を使用してデータベース・サーバを検索する必要があります。また、dblocate ユーティリティの出力にはデータベース・サーバが含まれません。

参照

TCP/IP 接続に対応するサーバのうち、HOST プロトコル・オプションを使用した TCP/IP 接続を必要とするデータベース・サーバを起動します。

dbsrv11 -x tcpip(BroadcastListener=NO) ...

次に示すのは、データベース・サーバに接続するための接続文字列フラグメントです。

...LINKS=tcpip;HOST=myserver;...