Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » レプリケーション » Replication Server を使用したデータのレプリケート » Replication Server のデータベースの設定

 

Replication Server の文字セットと言語について

SQL Anywhere データベースが作成されると、特定の照合 (文字セットとソート順) が割り当てられます。Replication Server は、文字セットとソート順に異なる識別子セットを使用します。

LTM 設定ファイルで文字セットと言語のパラメータを設定します。指定する文字セット・ラベルがわからない場合は、次の方法でサーバの文字セットを確認してください。

♦  文字セットを確認するには、次の手順に従います。

言語ラベルのリストについては、言語ラベルの値を参照してください。

Replication Server の識別子

SQL Anywhere Replication Agent を Replication Server 15.0 と Open Client/Open Server 15.0 で使用する場合、Replication Agent は、テーブル名、カラム名、プロシージャ名、関数名、パラメータ名について、最大 128 バイトの長さをサポートします。

Replication Agent を Replication Server と Open Client/Open Server の以前のバージョンで使用する場合は、識別子の最大長は 30 バイトとなります。