Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの起動とデータベースへの接続 » SQL Anywhere データベース接続

 

接続のトラブルシューティング

SQL Anywhere で接続が確立される方法を理解すれば、接続の問題の解決に役立ちます。ファイアウォールを介した接続を含むネットワーク固有の問題については、クライアント/サーバ通信を参照してください。

SQL Anywhere では、接続を確立するときに次の処理が行われます。

  • インタフェース・ライブラリの検出

  • 接続パラメータ・リストのアセンブル

  • サーバの検出

  • データベースの検出

  • データベース・サーバが見つからなかった場合にパーソナル・サーバを起動

SQL Anywhere の接続手順は、次の場合も同じです。

  • SQLDriverConnect 関数を使用する「ODBC アプリケーション」。これは ODBC アプリケーションでの一般的な接続方法です。Sybase PowerBuilder などのアプリケーション開発システムの多くは、このクラスのアプリケーションに属します。ODBC アプリケーションでは SQLConnect 関数も使用できます。

  • 「Embedded SQL」を使用し、データベースとの接続で推奨関数 (db_string_connect) を使用するクライアント・アプリケーション。さらに、Embedded SQL アプリケーションと Interactive SQL では、SQL CONNECT 文も使用できます。これには、CONNECT AS ... と CONNECT USING の 2 つの形式があります。Interactive SQL を含むすべてのデータベース管理ツールは、db_string_connect を使用します。

  • ADODB Connection オブジェクトを使用する任意の「ADO アプリケーション」。Provider プロパティは、OLE DB ドライバの場所を指定するために使用されます。Connection String プロパティでは、DataSourceName の代わりに DataSource が使用され、UserID の代わりに User ID が使用されることがあります。

  • 「iAnywhere JDBC ドライバ」を使用して、Driver Manager.GetConnection メソッドのパラメータとして URL jdbc:ianywhere: の後に標準の接続文字列を渡すアプリケーション。接続文字列には、DataSource= を含めて SQL Anywhere データ・ソースを指定するか、Driver=SQL Anywhere 11 (UNIX と Linux では、このパラメータは Driver=libdbodbc11.so のように指定) を含めてください。

参照

インタフェース・ライブラリの検出
接続パラメータ・リストのアセンブル
データベース・サーバの検出
Broadcast Repeater ユーティリティを使用したデータベース・サーバの検出
データベースの検出
迅速な接続のためのサーバ名キャッシュ
Interactive SQL 接続
サーバを見つけられるかどうかのテスト
Embedded SQL 接続のパフォーマンスのテスト