Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの起動とデータベースへの接続 » 接続パラメータとネットワーク・プロトコル・オプション

 

接続パラメータ

接続パラメータは、接続文字列に含めます。次の場所で入力できます。

[SQL Anywhere 11 の ODBC 設定] ウィンドウと Windows オペレーティング・システム用の SQL Anywhere [接続] ウィンドウの形式は共通です。一部のパラメータは、これらのウィンドウのチェックボックスやフィールドに対応しています。その他のパラメータは、[詳細] タブにあるテキスト・ボックスに入力できます。

注意
  • 値に大文字と小文字が区別されるもの (UNIX のファイル名など) が含まれている場合でも、接続パラメータは大文字と小文字を区別しません。
  • ブール・パラメータは、YES、Y、ON、TRUE、T、1 のいずれかによってオンになり、NO、N、OFF、FALSE、F、0 のいずれかによってオフになります。パラメータは、大文字と小文字を区別しません。
  • 各接続パラメータの使用法のところで、パラメータが使用される状況を説明します。一般的に使用法にあげる項目は以下のとおりです。

    • 組み込みデータベース   SQL Anywhere を組み込みデータベースとして使用した場合、接続するとパーソナル・サーバが起動し、データベースがロードされます。アプリケーションがデータベースから切断されると、データベースはアンロードされ、サーバが停止します。

    • 実行中のローカル・データベース   これは、SQL Anywhere パーソナル・サーバがすでに実行中で、データベースがすでにサーバにロードされている場合を指します。

    • ネットワーク・サーバ   SQL Anywhere をネットワーク・サーバとして使用する場合、クライアント・アプリケーションはネットワーク上ですでに実行しているサーバを検出し、データベースに接続します。

  • dbping ユーティリティを使用して、接続文字列をテストできます。-c オプションを使用して、接続パラメータを指定します。たとえば、demo11 という名前のパーソナル・サーバがサンプル・データベース (コマンド dbeng11 samples-dir\demo.db で実行可能) を実行しているとします。ローカル・コンピュータ上で demo11 という名前のデータベース・サーバが起動中であり、demo という名前のデータベースが実行されている場合、次の文字列は「データベースへの ping が成功しました。」というメッセージを返します。

    dbping -d -c "ENG=demo11;DBN=demo;UID=DBA;PWD=sql"

    ただし、ローカル・コンピュータ上で other-server という名前のデータベース・サーバが起動中ではない場合、次のコマンドは、「データベースへの ping が失敗しました - データベース・サーバは起動していません。」というメッセージを返します。

    dbping -d -c "ENG=other-server;UID=DBA;PWD=sql"

    Ping ユーティリティ (dbping)を参照してください。

参照

AppInfo 接続パラメータ [APP]
AutoStart 接続パラメータ [ASTART]
AutoStop 接続パラメータ [ASTOP]
CharSet 接続パラメータ [CS]
CommBufferSize 接続パラメータ [CBSIZE]
CommLinks 接続パラメータ [LINKS]
Compress 接続パラメータ [COMP]
CompressionThreshold 接続パラメータ [COMPTH]
ConnectionName 接続パラメータ [CON]
DatabaseFile 接続パラメータ [DBF]
DatabaseKey 接続パラメータ [DBKEY]
DatabaseName 接続パラメータ [DBN]
DatabaseSwitches 接続パラメータ [DBS]
DataSourceName 接続パラメータ [DSN]
DisableMultiRowFetch 接続パラメータ [DMRF]
Elevate 接続パラメータ
EncryptedPassword 接続パラメータ [ENP]
Encryption 接続パラメータ [ENC]
EngineName 接続パラメータ [ENG]
FileDataSourceName 接続パラメータ [FILEDSN]
ForceStart 接続パラメータ [FORCE]
Idle 接続パラメータ
Integrated 接続パラメータ [INT]
Kerberos 接続パラメータ [KRB]
Language 接続パラメータ [LANG]
LazyClose 接続パラメータ [LCLOSE]
LivenessTimeout 接続パラメータ [LTO]
LogFile 接続パラメータ [LOG]
NewPassword 接続パラメータ [NEWPWD]
Password 接続パラメータ [PWD]
PrefetchBuffer 接続パラメータ [PBUF]
PrefetchOnOpen 接続パラメータ
PrefetchRows 接続パラメータ [PROWS]
RetryConnectionTimeout 接続パラメータ [RetryConnTO]
ServerName 接続パラメータ [ENG]
StartLine 接続パラメータ [START]
Unconditional 接続パラメータ [UNC]
Userid 接続パラメータ [UID]