Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの起動とデータベースへの接続 » SQL Anywhere データベース接続 » 接続のトラブルシューティング

 

Embedded SQL 接続のパフォーマンスのテスト

Embedded SQL 接続のパフォーマンスに関する情報を取得するには、ping ユーティリティ (dbping) を使用し、-s または -st オプションを指定します。次の統計値が収集されます。

統計情報 説明
DBLib の接続と切断 DBLib の接続および切断を 1 回実行する時間。ODBC などの他のインタフェースを使用した接続および切断は、接続の完了に必要な要求が多く、パフォーマンスは DBLib より低くなるのが一般的です。
簡単な要求の往復時間 クライアントからサーバに要求を送信するのにかかる時間とサーバからクライアントに応答を送信するのにかかる時間との和。往復時間は平均遅延時間の 2 倍になります。
送信スループット dbping からデータベース・サーバへの反復ごとに 100 KB のデータを転送する場合のスループット。
受信スループット データベース・サーバから dbping への反復ごとに 100 KB のデータを転送する場合のスループット。

往復時間が長く、スループットが高いネットワークの場合、往復時間が長いために、レポートされるスループットはネットワークの実際のスループットより低くなります。通信圧縮によりパフォーマンスが向上するかどうかを確認するには、dbping -s を使用すると便利です。パフォーマンス統計は概算値であり、クライアント・コンピュータとサーバ・コンピュータの両方がアイドル状態である方が統計値の精度は高くなります。通信圧縮を使用すると、送信されるデータは元のサイズの約 25% に圧縮されます。

dbping -s コマンドからの出力例を次に示します。実行した dbping コマンドは dbping -s -c "UID=DBA;PWD=sql;ENG=sampleserver;LINKS=TCPIP" です。

SQL Anywhere Server ping ユーティリティ バージョン 11.0.1.1658 SQL Anywhere 11.0.1.1657 サーバ "sampleserver" とデータベース "sample" にアドレス 10.25.107.108 で接続しました。パフォーマンス統計           数値            合計時間    平均 ----------------------------    --------------    ----------    ------------ DBLib の接続と切断      175 回       1024 ミリ秒         5 ミリ秒 単純要求のラウンド・トリップ        2050 要求    1024 ミリ秒        <1 ミリ秒 送信スループット                     7600 KB          1024 ミリ秒      7421 KB/秒 受信スループット              10100 KB          1024 ミリ秒      9863 KB/秒 データベースへの ping が成功しました。
参照