Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの起動とデータベースへの接続 » SQL Anywhere データベース接続 » 接続パラメータ

 

接続パラメータの矛盾の解決

接続パラメータの矛盾を解決するには、次の処理を行います。

  • DBF を使用してデータベース・ファイルを指定する   StartLine (START) パラメータにデータベース・ファイルを指定するか、DatabaseFile (DBF) 接続パラメータを使用してデータベース・ファイルを指定します。推奨は、DatabaseFile (DBF) 接続パラメータです。

  • DBN を使用してデータベース名を指定する   StartLine (START) パラメータか DatabaseSwitches (DBS) 接続パラメータにデータベース名を指定するか、DatabaseName (DBN) 接続パラメータを使用してデータベース名を指定します。推奨は、DatabaseName (DBN) 接続パラメータです。

  • ENG を使用してデータベース・サーバ名を指定する   まだ実行されていないデータベース・ファイルを自動的に起動するときに、ServerName (ENG) パラメータにデータベース・サーバの名前を指定します。これにより、データベースは指定したデータベース・サーバに接続されます。

  • Start パラメータを使用してキャッシュ・サイズを指定する   StartLine (START) 接続パラメータを使用して、DatabaseFile (DBF) 接続パラメータによってデータベース・ファイルが起動される方法を調整します。

    たとえば、次に示す組み込みデータベースの接続パラメータは、追加のキャッシュを使用してデータベース・サーバを起動します。

    DBF=samples-dir\demo.db
    DBN=Sample
    ENG=Sample Server
    UID=DBA
    PWD=sql
    START=dbeng11 -c 8M