Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの保守 » バックアップとデータ・リカバリ » バックアップの種類

 

ライブ・バックアップ

「ライブ・バックアップ」は、コンピュータ全体に及ぶ障害からデータベースを保護するのに役立つ継続的なバックアップです。トランザクション・ログの冗長コピーを使用して、セカンダリ・コンピュータでシステムを再起動できます。

システム障害が発生した場合は、バックアップされたトランザクション・ログを使って、システムをすばやく再起動できます。しかし、データベース・サーバが処理しているロード量によっては、ライブ・バックアップは処理が遅れ、コミットされたすべてのトランザクションがバックアップされないことがあります。

ライブ・バックアップの代わりにデータベース・ミラーリングを使用することもできます。データベース・ミラーリングの概要を参照してください。

通常、dbbackup ユーティリティはセカンダリ・コンピュータから実行してください。

プライマリ・コンピュータを使用できなくなった場合、セカンダリ・コンピュータを使用してデータベースを再起動できます。データベース・ファイルとトランザクション・ログが、データベースを再起動するのに必要な情報を保持しています。

ライブ・バックアップと定期的なバックアップ

トランザクション・ログのライブ・バックアップの長さは、アクティブなトランザクション・ログと常に同じか短くなります。ライブ・バックアップの実行中に、別のバックアップがトランザクション・ログを再起動すると (dbbackup -r または dbbackup -x)、ライブ・バックアップは自動的にライブ・バックアップ・ログをトランケートして、新しいトランザクション・ログの最初からライブ・バックアップを再起動します。

参照

ライブ・バックアップとトランザクション・ログ・ミラーの違い