Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの保守 » バックアップとデータ・リカバリ

 

バックアップの種類

次の表は、SQL Anywhere でサポートされているバックアップの種類を示したものです。

バックアップの種類 説明 その他の情報
オンライン データベースの稼働中に実行するバックアップです。 オンライン・バックアップとオフライン・バックアップを参照してください。
オフライン データベースが稼働していないときに実行するバックアップです。この種類のバックアップは、データベース・サーバが正しく停止された場合にのみ実行できます。 オンライン・バックアップとオフライン・バックアップを参照してください。
フル フル・バックアップでは、データベース・ファイルとトランザクション・ログをバックアップします。通常、フル・バックアップとフル・バックアップの間にインクリメンタル・バックアップを複数回実行します。 フル・バックアップ
インクリメンタル トランザクション・ログのみのバックアップです。 インクリメンタル・バックアップ
ライブ データベースの稼働中に実行するデータベースの継続的なバックアップです。 ライブ・バックアップ
アーカイブ メイン・データベース・ファイル、トランザクション・ログ、すべての追加 DB 領域など、バックアップに必要なすべての情報が含まれた 1 つまたは複数のファイルの集合です。 アーカイブ・バックアップ
イメージ データベース・ファイルとトランザクション・ログ (任意) のコピーがそれぞれ別のファイルとして作成されます。 イメージ・バックアップ
サーバ側 データベース・サーバのコンピュータに作成されるバックアップです。 サーバ側バックアップの作成
クライアント側 クライアント・コンピュータに作成されるバックアップです。 クライアント側バックアップの作成

オンライン・バックアップとオフライン・バックアップ
フル・バックアップ
インクリメンタル・バックアップ
ライブ・バックアップ