Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの保守 » バックアップとデータ・リカバリ » 同期やレプリケーションに関連するデータベースのバックアップ » トランザクション・ログの管理

 

バックアップを作成し、元のトランザクション・ログを削除する

データベースがレプリケーションに関連せず、コンピュータ上のディスク領域に制限がある場合は、バックアップを作成するときにオンライン・トランザクション・ログの内容を削除 (ログを「トランケート」) できます。このようなバックアップを使用しているときにデータベースをリカバリするには、データベース・ファイルで発生したメディア障害からのリカバリ中に、最後のフル・バックアップ以降に作成したすべてのバックアップ・コピーを使用する必要があります。

♦  バックアップを作成し、トランザクション・ログを削除するには、次の手順に従います (Sybase Central の場合)。
  1. DBA 権限のあるユーザとしてデータベースに接続します。

  2. データベースを右クリックし、[バックアップ・イメージの作成] を選択します。

  3. [次へ] をクリックします。

  4. [バックアップするデータベースを指定してください。] リストでデータベースを選択し、[次へ] をクリックします。

  5. [バックアップ・イメージを次のディレクトリに保存] フィールドに、バックアップ・コピーを保存するディレクトリの名前を入力します。

  6. [バックアップするファイルを指定してください。] リストでオプションを選択し、[次へ] をクリックします。

  7. [トランザクション・ログの処理方法を指定してください。] リストで、[トランザクション・ログをトランケート] をクリックします。

  8. [次へ] をクリックします。

  9. [完了] をクリックします。

  10. [閉じる] をクリックします。

♦  バックアップを作成し、トランザクション・ログを削除するには、次の手順に従います (SQL の場合)。
♦  バックアップを作成し、トランザクション・ログを削除するには、次の手順に従います (コマンド・ラインの場合)。
参照