Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの保守 » バックアップとデータ・リカバリ » データベースのリカバリ

 

メディア障害からのリカバリ

データベースが使用できなくなった場合、データベースの「障害」が発生しています。SQL Anywhere では、次の種類の障害に対する防護策を備えています。

障害の種類 説明
メディア データベース・ファイルまたはトランザクション・ログが使用できない状態を指します。この種類の障害は、データベース・ファイルを格納しているファイル・システムまたはデバイスが使用できなくなった場合や、ファイルが破損した場合などに発生します。バックアップによって、メディア障害からデータを保護できます。
  • データベース・ファイルまたはトランザクション・ログ・ファイルが保存されているディスク・ドライブが使用できなくなった。

  • データベース・ファイルまたはトランザクション・ログ・ファイルが破損した。これはハードウェアまたはソフトウェアの問題によって発生することがあります。

システム

システム障害は、トランザクションの途中で、コンピュータまたはオペレーティング・システムが停止した場合に発生します。この種類の障害は、正しい手順でコンピュータを終了または再起動しなかったり、他のアプリケーションによってオペレーティング・システムが停止したり、停電した場合に起こる可能性があります。

システム障害が発生した後、次にデータベースを起動するときに、データベース・サーバは自動的にリカバリします。システム・エラー以前にコミットされたトランザクションの結果は保存されます。システム障害の前にコミットされていなかったトランザクションによる変更はすべてキャンセルされます。

  • トランザクションが完了していないときに、停電やオペレーティング・システムの停止、またはコンピュータの不適切な再起動が原因で、コンピュータまたはオペレーティング・システムが一時的に使用できなくなった。


データのメディア障害からのリカバリ
トランザクション・ログ・ミラーのメディア障害からのリカバリ
ミラーされていないトランザクション・ログのメディア障害からのリカバリ