Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの起動とデータベースへの接続 » 接続パラメータとネットワーク・プロトコル・オプション » ネットワーク・プロトコル・オプション

 

certificate_company プロトコル・オプション

証明書に記されている組織フィールドがこの値と一致する場合にだけ、クライアントでサーバ証明書を受け入れるようにします。

別途ライセンスが必要な必須コンポーネント

ECC 暗号化と FIPS 認定の暗号化には、別途ライセンスが必要です。強力な暗号化テクノロジはすべて、輸出規制対象品目です。

別途ライセンスが必要なコンポーネントを参照してください。

構文

certificate_company=organization

使用法

TLS、HTTPS

デフォルト

なし

備考

SQL Anywhere クライアントは認証局が署名した証明書をすべて信頼するため、同じ認証局が他の会社用に発行した証明書も信頼してしまうことがあります。識別方法がないままだと、クライアントは競争相手のデータベース・サーバを自分の会社のものだと勘違いし、誤って機密性の高い情報を送信してしまう可能性があります。このオプションによって追加の検証が指定され、証明書の識別情報部分にある組織フィールドが、指定した特定の値と照合されます。

HTTPS は、Web サービスのクライアント・プロシージャだけでサポートされています。CREATE PROCEDURE 文 [Web サービス]を参照してください。

参照

次のコマンドは、トランスポート・レイヤ・セキュリティを使用して SQL Anywhere のサンプル・データベースを Interactive SQL に接続します。

dbisql -c 
"UID=DBA;PWD=sql;ENG=demo;LINKS=tcpip;ENC=TLS(
tls_type=RSA;FIPS=n;trusted_certificates=c:\temp\myident;
certificate_unit='SA';certificate_company='Sybase iAnywhere';
certificate_name='Sybase')"