Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの起動とデータベースへの接続 » SQL Anywhere データベース接続

 

SQL Anywhere API を使用した接続

データベースに接続するには、クライアント・アプリケーションで次のいずれかの SQL Anywhere API 関数を呼び出します。

SQL Anywhere API では、クライアント・アプリケーションからの呼び出しに含まれる接続情報を使用して、データベース・サーバを検出し、サーバに接続します。クライアント・アプリケーションから送信される情報には、データ・ソース、SQLCONNECT 環境変数、またはサーバ・アドレス・キャッシュに格納されている情報があります。次の図に、このプロセスを簡単に示します。

データベースへのクライアント接続。クライアント・アプリケーション、インタフェース・ライブラリ、データベースを実行しているサーバを示しています。
その他の情報
目的 参照先
Sybase Central または Interactive SQL からの接続の概要 (関係するドライバの説明も含む) Sybase Central、Interactive SQL、SQL Anywhere コンソール・ユーティリティからの接続
高速起動の例 (Sybase Central と Interactive SQL のシナリオも含む) SQL Anywhere データベース接続の例
データ・ソースについて知りたい ODBC データ・ソースの作成
使用できる接続パラメータについて知りたい 接続パラメータ
接続の確立方法について詳しく知りたい 接続のトラブルシューティング
ネットワーク固有の接続問題について知りたい クライアント/サーバ通信
接続に影響する文字セット問題について知りたい 接続文字列と文字セット
ファイアウォールを経由した接続について知りたい ファイアウォール経由の接続