Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの起動とデータベースへの接続 » SQL Anywhere データベース接続 » 統合化ログインの使用方法

 

統合化ログイン機能の有効化

login_mode データベース・オプションは、統合化ログイン機能が有効かどうかを判断します。データベース・オプションは、それが指定されているデータベースにしか適用されないため、同じサーバ内にロードされて動作している場合でも、データベースが異なれば統合化ログインの設定も異なります。

login_mode データベース・オプションに指定できる値は次のとおりです。

  • Standard   標準ログインを許可します。これがデフォルト設定です。標準ログインでは、ユーザ ID とパスワードの両方を入力する必要があり、Integrated や Kerberos の接続パラメータは使用されません。統合化ログインまたは Kerberos ログインを使用して接続しようとすると、エラーが発生します。

  • Integrated   統合化ログインを許可します。

  • Kerberos   Kerberos ログインを許可します。Kerberos 認証を参照してください。

警告

login_mode データベース・オプションを標準ログインが許可されない設定にした場合、接続できるのは、統合化ログイン・マッピングまたは Kerberos ログイン・マッピングを付与されているユーザまたはグループだけに制限されます。DBA 権限のあるユーザでないかぎり、ユーザ ID とパスワードを使用して接続しようとすると、エラーが発生します。

複数のログイン・タイプを許可するには、login_mode オプションに複数の値を指定します。たとえば、次の SQL 文は、標準ログインと統合化ログインの両方の接続を許可するように login_mode データベース・オプションの値を設定します。

SET OPTION PUBLIC.login_mode = 'Standard,Integrated';

データベース・ファイルがコピー可能な場合、一時的なパブリック login_mode オプションを使用する必要があります (統合化ログインと Kerberos ログインの両方で)。ファイルをコピーする場合、統合化ログインと Kerberos ログインはデフォルトではサポートされません。