Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの保守 » バックアップとデータ・リカバリ » バックアップの種類 » ライブ・バックアップ

 

ライブ・バックアップとトランザクション・ログ・ミラーの違い

ライブ・バックアップとトランザクション・ログ・ミラーは両方とも、トランザクション・ログのセカンダリ・コピーを作成します。しかし、ライブ・バックアップの使用とトランザクション・ログ・ミラーの使用には、次のようないくつかの違いがあります。

  • 通常、ライブ・バックアップは別のコンピュータで実行される   別のコンピュータでバックアップ・ユーティリティを実行すると、バックアップ・ログ・ファイルへの書き込みはデータベース・サーバによっては行われません。また、データ転送は SQL Anywhere クライアント/サーバ通信システムによって実行されます。したがって、パフォーマンスへの影響を低減でき、信頼性も向上します。

    トランザクション・ログ・ミラーの場合、別のコンピュータで実行することはおすすめしません。実行するとパフォーマンスに問題が発生したりデータが破壊されたりする可能性があり、コンピュータ間の接続に障害が発生すると、データベース・サーバが停止します。

  • ライブ・バックアップは、コンピュータが使用できなくなる状況から保護する   トランザクション・ログ・ミラーを別のデバイスに保存しても、コンピュータ全体が使用できなくなってしまえば、リカバリには時間がかかります。2 台のコンピュータで一連のディスクへのアクセスを共有するように構成するのも 1 つの方法です。

  • ライブ・バックアップはデータベース・サーバより処理が遅れることがある   トランザクション・ログ・ミラーには、コミットされたトランザクションを完全にリカバリするのに必要な情報がすべて含まれます。データベース・サーバが処理しているロード量によっては、ライブ・バックアップはトランザクション・ログ・ミラーよりも処理が遅く、コミットされたトランザクションがすべてバックアップされないことがあります。