Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの管理 » SQL Anywhere グラフィカル管理ツール » Sybase Central の使用

 

Sybase Central の起動

この項では、Windows と UNIX で Sybase Central を起動し、SQL Anywhere プラグインを使用してサンプル・データベース SQL Anywhere 11 Demo に接続する手順を示します。

♦  Sybase Central を起動してサンプル・データベースに接続するには、次の手順に従います (Windows の場合)。
  1. [スタート] - [プログラム] - [SQL Anywhere 11] - [Sybase Central] を選択します。

  2. [Sybase Central へようこそ] ウィンドウで、[スキーマの表示および編集、またはデータベースの管理の実行] をクリックします。

    [Sybase Central へようこそ] ウィンドウが表示されない場合は、[接続] - [SQL Anywhere 11 に接続] を選択します。

  3. [ID] タブで、[ODBC データ・ソース名] を選択し、その下のボックスに SQL Anywhere 11 Demo と入力します。

  4. [OK] をクリックして接続します。

Mac OS X に関する注意

管理ツールは、Apple JDK 1.6 (Mac OS X 10.5.2 以降) でサポートされている、64 ビットのプロセッサを搭載した Intel Macintosh だけで動作します。[external link] http://www.ianywhere.jp/sas/os.html を参照してください。

♦  Sybase Central を起動するには、次の手順に従います (Mac OS X の場合)。
  1. Finder で、/Applications/SQLAnywhere11 にある [Sybase Central] をダブルクリックします。

  2. [Sybase Central へようこそ] ウィンドウで、[スキーマの表示および編集、またはデータベースの管理の実行] をクリックします。

    [Sybase Central へようこそ] ウィンドウが表示されない場合は、[接続] - [SQL Anywhere 11 に接続] を選択します。

  3. [ID] タブで、[ODBC データ・ソース名] を選択し、その下のボックスに SQL Anywhere 11 Demo と入力します。

  4. [OK] をクリックして接続します。

注意

以降の手順は、SQL Anywhere ユーティリティのソースを指定済みであることを前提としています。UNIX と Mac OS X での環境変数の設定を参照してください。

♦  Sybase Central を起動してサンプル・データベースに接続するには、次の手順に従います (UNIX コマンド・ラインの場合)。
  1. ターミナル・セッションで次のコマンドを入力します。

    scjview

    Sybase Central が開きます。

  2. [Sybase Central へようこそ] ウィンドウで、[スキーマの表示および編集、またはデータベースの管理の実行] をクリックします。

    [Sybase Central へようこそ] ウィンドウが表示されない場合は、[接続] - [SQL Anywhere 11 に接続] を選択します。

  3. [ID] タブで、[ODBC データ・ソース名] を選択し、SQL Anywhere 11 Demo と入力します。

Linux の [アプリケーション] メニューをサポートする Linux バージョンを使用していて、SQL Anywhere 11 のインストール時にメニュー項目をインストールするように選択した場合は、次の手順を使用できます。

♦  Sybase Central を起動してサンプル・データベースに接続するには、次の手順に従います (Linux の [アプリケーション] メニューの場合)。
  1. [アプリケーション] - [SQL Anywhere 11] - [Sybase Central] を選択します。

    Sybase Central が開きます。

  2. [Sybase Central へようこそ] ウィンドウで、[スキーマの表示および編集、またはデータベースの管理の実行] をクリックします。

    [Sybase Central へようこそ] ウィンドウが表示されない場合は、[接続] - [SQL Anywhere 11 に接続] を選択します。

  3. [ID] タブで、[ODBC データ・ソース名] を選択し、SQL Anywhere 11 Demo と入力します。