Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの管理 » SQL Anywhere グラフィカル管理ツール » Sybase Central の使用 » SQL Anywhere プラグインの使用

 

SQL Anywhere プラグインからの ER 図の表示

SQL Anywhere プラグインからデータベースに接続すると、データベース内のテーブルの ER 図を表示できます。データベースを選択し、右ウィンドウ枠の [ER 図] タブをクリックして ER 図を表示します。

サンプル・データベースの ER 図 (Sybase Central)

ER 図でオブジェクトを並べ替えると、変更は Sybase Central セッション間で保持されます。テーブルをダブルクリックすると、そのテーブルのカラム定義を表示できます。

図のテーブルは、データベースのフィルタリング設定に従って表示されます。フィルタリングは所有者別に行われます。

♦  ER 図に含まれるテーブルを変更するには、次の手順に従います。
  1. Sybase Central の左ウィンドウ枠でデータベースを選択し、[ファイル] - [所有者フィルタの設定] を選択します。

  2. ER 図で参照したいテーブルのデータベース・ユーザを選択し、[OK] をクリックします。

  3. [ファイル] - [所有者別にオブジェクトをフィルタ] を選択します。

  4. 右ウィンドウ枠の [ER 図] タブをクリックします。

  5. [ファイル] - [ER 図のテーブルを選択] を選択します。

  6. [ER 図のテーブルを選択] ウィンドウで [追加] ボタンと [削除] ボタンを使用して、[選択したテーブル] リストに表示されるテーブルをカスタマイズします。

  7. [OK] をクリックします。

参照