Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの保守 » SQL Anywhere の高可用性 » SQL Anywhere Veritas Cluster Server エージェントの使用

 

SAServer エージェントの設定

SAServer エージェントは、SQL Anywhere データベース・サーバによるクラスタ内の別のノードへのフェールオーバを制御します。

♦  SAServer エージェントを設定するには、次の手順に従います。
  1. クラスタの各ノードで実行されている SQL Anywhere データベース・サーバをすべてシャットダウンします。

  2. クラスタからノードを選択して、SAServer というディレクトリをそのノードの %VCS_HOME%\bin ディレクトリの下に作成します。他の Veritas Cluster Server エージェントがこのフォルダに作成されます (NIC や IP など)。

  3. 次のファイルを install-dir\VCSAgent\SAServer ディレクトリから手順 2 で作成した SAServer ディレクトリにコピーします。

    • Online.pl
    • Offline.pl
    • Monitor.pl
    • Clean.pl
    • SAServer.xml
  4. ファイル %VCS_HOME%\bin\VCSdefault.dll%VCS_HOME%\bin\SAServer ディレクトリにコピーし、名前を SAServer.dll に変更します。

  5. ファイル install-dir\VCSAgent\SAServer\SAServerTypes.cf%VCS_HOME%\conf\config ディレクトリにコピーします。

  6. クラスタ内のその他すべてのノードについて、手順 1 ~ 5 を繰り返します。

  7. Veritas Cluster Server Manager を起動し、ユーザ名とパスワードを入力してクラスタに接続します。

  8. 次の手順で SAServer エージェントを追加します。

    1. [File] - [Import Types] を選択します。

    2. %VCS_HOME%\conf\config\SAServerTypes.cf に移動して、[Import] をクリックします。

♦  SAServer エージェントを使用してフェールオーバするデータベース・サーバを設定するには、次の手順に従います。
  1. Veritas Cluster Server Manager を起動し、ユーザ名とパスワードを入力して接続します。

  2. 次の手順で、SAServer をリソースとしてサービス・グループに追加します。

    1. [Edit] - [Add] - [Resource] を選択します。

    2. [Resource Type] リストから SAServer を選択します。

      Windows では、[Resource Type] リストで Windows の下に SAServer が表示されない場合、SAServer.xml ファイルを %VCS_ROOT%\cluster manager\attrpool\Win2K\400 に追加して、クラスタ・サービスを再起動する必要があります。

    3. [Resource Name] フィールドに名前を入力します。

    4. 以下の属性に次のように属性値を追加します。

      • cmdStart   dbsrv11 -x tcpip database-file-on-shared-disk -n server-name

      • cmdMonitor   dbping -c "ENG=server-name"

      • cmdStop   dbstop -c user-id,password -y

    5. [Enabled] を選択します。

      これにより、リソースの使用準備が整ったことを示します。

    6. [OK] をクリックします。

  3. リソースの依存性が適切に設定されていることを確認します。共有ディスク・リソースや IP アドレス・リソースなど、SAServer を起動するために起動してグループ化しておく必要があるリソースが他にも存在します。

  4. サービス・グループを右クリックして、[Online] - [node-name] を選択します。node-name は、リソースの実行に使用する、クラスタ内のコンピュータの名前です。

    これで、サービス・グループがオンラインになります。


SAServer エージェントのテスト