Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの保守 » SQL Anywhere の高可用性 » SQL Anywhere Veritas Cluster Server エージェントの使用 » SAServer エージェントの設定

 

SAServer エージェントのテスト

次の手順では、SAServer エージェントのフェールオーバをテストする方法について説明します。

♦  SAServer エージェントのフェールオーバをテストするには、次の手順に従います。
  1. Interactive SQL からデータベースに接続します。次に例を示します。

    dbisql -c "UID=DBA;PWD=sql;ENG=VCS;LINKS=tcpip"
  2. 次のクエリを実行します。

    SELECT * FROM Departments;

    このクエリはエラーなく実行されます。

  3. データベース・サーバを実行しているシステムをシャットダウンします。

    これにより、フェールオーバが発生し、すべてのリソースが代替サーバで起動されます。

  4. 同じ接続文字列を使用して Interactive SQL から再接続し、クエリを再度実行します。接続もクエリの実行も正常に行われます。