Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの保守 » SQL Anywhere の高可用性 » データベース・ミラーリングの設定

 

データベース・サーバの強制プライマリ・サーバ化

プライマリ・サーバを強制的にシャットダウンする必要が生じ (サーバを実行しているコンピュータを置き換える場合など)、ミラー・サーバが他の方法でデータベースの所有権を取得しない場合に、ALTER DATABASE 文を使用してミラー・サーバを強制的にプライマリ・サーバにすることができます。

この機能を使用するには、「ミラー」データベース・サーバ上のユーティリティ・データベースに接続する必要があります。ユーティリティ・データベースに接続するには、コマンドに -su オプションを指定してミラー・サーバを起動します。次のコマンドにより、データベース mymirroreddb.db のミラー・サーバが強制的にプライマリ・サーバになります。

ALTER DATABASE mymirroreddb FORCE START;

FORCE START 句は、現在ミラー・サーバとして動作しているデータベース・サーバに、データベースの所有権の取得を強制します。この文は、プロシージャまたはイベントから実行できます。実行時には、ミラー・サーバ上のユーティリティ・データベースに接続している必要があります。ユーティリティ・データベースへの接続を参照してください。

プライマリ・サーバからミラー・サーバへのフェールオーバを強制するには、次の操作を行います。

参照