Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの起動とデータベースへの接続 » クライアント/サーバ通信 » ネットワーク通信のトラブルシューティング

 

頻度が高い問題のチェックリスト

次のリストに、頻度が高い問題のいくつかとその解決策を示します。

データベースまたはデータベース・サーバへの接続に関するトラブルシューティングについては、接続のトラブルシューティングサーバ起動時のトラブルシューティングを参照してください。

接続しようとしたときに「データベース・サーバが見つかりません。」というメッセージを受信した場合は、クライアントがネットワークでデータベース・サーバを検索できていません。次のような問題がないか調べてください。

  • TCP/IP プロトコルで、クライアントは要求をブロードキャストすることによって、データベース・サーバを検索した。このようなブロードキャストは、通常はゲートウェイを通過しないため、別の (サブ) ネットワーク上のコンピュータにあるデータベース・サーバを検索できません。この場合は、HOST (IP) プロトコル・オプションを使用して、サーバを実行しているコンピュータのホスト名を指定してください。

  • クライアントとサーバの間にファイアウォールがあり、接続が妨害されている可能性がある。ファイアウォール経由の接続を参照してください。

  • パーソナル・サーバは同じコンピュータからの接続だけを受け入れている。クライアントとサーバが異なるコンピュータ上にある場合は、ネットワーク・サーバを使用する必要があります。

  • ネットワーク・ドライバが正しくインストールされていないか、またはネットワーク配線が正しくない。

  • 要求された通信リンクを初期化できません。」というメッセージを受信し、1 つ以上のリンクの起動に失敗した。原因として、ネットワーク・ドライバがインストールされていないことが考えられます。ネットワークのマニュアルを参照して、使用するドライバのインストール方法を確認してください。
  • jConnect 経由で接続している場合、サーバが TCP/IP プロトコルを使用する必要がある。

  • ローカル・コンピュータ上のデータベースに接続する場合、[接続] ウィンドウの [データベース] タブにある [ネットワーク上でデータベース・サーバを検索] オプションがクリアされているかを確認する。ローカル・コンピュータ以外のコンピュータで稼働しているデータベース・サーバに接続する場合にこのオプションを選択できます。

ネットワーク・プロトコル・オプションの詳細については、ネットワーク・プロトコル・オプションを参照してください。