Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの保守

 

バックアップとデータ・リカバリ

「バックアップ」とはデータベース内の情報の全部または一部のコピーであり、物理的に別の場所に格納されます。データベースを使用できなくなった場合は、バックアップから「リストア」できます。バックアップを使用して、データベースが使用できなくなった時点までにコミットされたすべての変更をリストアできます。

実行中のデータベースをバックアップすると、他のユーザによってデータベースが変更されている途中であっても、データが一貫した状態にあるデータベースのスナップショットを得ることができます。

オペレーティング・システムまたはデータベース・サーバで障害が発生するか、データベース・サーバが正常に停止されなかった場合は、データベースをリカバリする必要があります。データベースの起動時に、データベース・サーバは直前のセッションの最後にデータベースが正しく停止されたかどうかをチェックします。正しく停止されていない場合、データベース・サーバは自動リカバリ処理を実行して、最後にコミットされたトランザクションまでのすべての変更をリストアします。

SQL Anywhere ツールでは、稼働中のデータベースに対して「オンライン」バックアップが実行されます。データベースのオンライン・バックアップを作成するには、BACKUP 権限または REMOTE DBA 権限が必要です。データベースが稼働していないときは、データベース・ファイルをコピーして「オフライン」バックアップを作成できます。

参照

バックアップのクイック・スタート
バックアップの種類
バックアップ・フォーマットの選択
バックアップとリカバリの制限
サーバ側バックアップの作成
クライアント側バックアップの作成
バックアップの検証
データベースのリカバリ
バックアップとリカバリのプランの設計
同期やレプリケーションに関連するデータベースのバックアップ
バックアップの内部処理