Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » セキュリティ » 安全なデータの管理 » データベースの暗号化と復号化

 

データベースの復号化

CREATE DECRYPTED DATABASE 文を使用して、データベースを復号化することができます。この文では、CREATE ENCRYPTED DATABASE 文の場合と同じように、元のデータベース・ファイルが上書きされるのではなく、ファイルのコピー (この場合は復号化形式) が作成されます。

♦  データベースを復号化するには、次の手順に従います (SQL の場合)。
  1. Interactive SQL から既存のデータベースに接続します。

  2. CREATE DECRYPTED DATABASE 文を使用してデータベースを復号化します。

    最初の文では、demo.db の AES256 で暗号化されたコピー demoEncrypted.db を作成します。2 番目の文では、demoEncrypted.db の復号化されたコピー demoDecrypted.db を作成します。

    CREATE ENCRYPTED DATABASE 'demoEncrypted.db'
       FROM 'demo.db'
       KEY 'Sd8f6654*Mnn'
       ALGORITHM 'AES256';
    CREATE DECRYPTED DATABASE 'demoDecrypted.db'
       FROM 'demoEncrypted.db'
       KEY 'Sd8f6654*Mnn';

    データベースに関連付けられたトランザクション・ログ、トランザクション・ログ・ミラー、または DB 領域がある場合は、これらのファイルの復号化されたコピーも作成されます。CREATE DECRYPTED DATABASE 文を参照してください。

テクニカル・サポートのためのデータベースの復号化

リカバリが必要なデータベースがあり、サポートに送信するために復号化したい場合は、CREATE DECRYPTED FILE 文を使用します。トランザクション・ログ、トランザクション・ログ・ミラー、DB 領域ファイルなどのデータベース関連ファイルもすべてこの文を使用して復号化します。CREATE DECRYPTED FILE 文を参照してください。