Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースのモニタリング » SQL Anywhere SNMP Extension Agent

 

SQL Anywhere SNMP Extension Agent の概要

SQL Anywhere を Windows (32 ビット・バージョン) 上で実行している場合は、SQL Anywhere SNMP Extension Agent と SNMP 管理アプリケーションを組み合わせて SQL Anywhere データベースを管理することができます。異なるコンピュータで動作している複数のデータベース・サーバ上の各データベースを 1 つのエージェントでモニタリングできます。

SQL Anywhere SNMP Extension Agent を使用すると、次の操作を実行できます。

  • 個々のサーバ統計とデータベース統計の値を検索する。

  • 個々のサーバ・プロパティとデータベース・プロパティの値を検索する。

  • 個々の PUBLIC データベース・オプションの値を検索する。

  • いずれかの PUBLIC データベース・オプションに値を設定する。

  • ストアド・プロシージャを実行する。

  • プロパティ値または統計値に基づいてトラップを生成する。

提供されるファイル

SQL Anywhere インストール環境には、以下の SQL Anywhere SNMP Extension Agent 用ファイルが用意されています。

  • dbsnmp11.dll   SQL Anywhere SNMP Extension Agentこのファイルは、install-dir\bin32 にあります。

  • iAnywhere.mib   SQL Anywhere MIB には、データベース・サーバとデータベースのプロパティ、統計、オプションのうち SQL Anywhere SNMP Extension Agent を使用してアクセスできるものの OID が、すべて格納されています。

  • RDBMS-MIB.mib   これはリレーショナル・データベース管理システムのための汎用 MIB であり、SQL Anywhere SNMP Extension Agent を使用してアクセスできる OID が格納されています。

  • SNMPv2-SMI.mib   この MIB は、Adaptive Server Anywhere MIB と RDBMS MIB から参照されます。

  • SNMPv2-TC.mib   この MIB は、Adaptive Server Anywhere MIB と RDBMS MIB から参照されます。

  • SYBASE-MIB.mib   Sybase MIB です。この MIB は、ASQL Anywhere MIB から参照されます。

  • sasnmp.ini   このファイルには、SQL Anywhere SNMP Extension Agent によるモニタリングの対象となるデータベースが列記されています。デフォルトで、このファイルは install-dir\bin32 にあります。