Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの起動とデータベースへの接続 » SQL Anywhere for Windows Mobile » Windows Mobile デバイスへの SQL Anywhere のインストール

 

インストール時の考慮事項:Windows Mobile 5.0 for Smartphone に関する制限

SQL Anywhere サーバの Windows Mobile 用の機能はすべてスマートフォンでサポートされていますが、Windows Mobile 5.0 には次の制限があります。

  • 共有メモリ・プロトコルがサポートされない   通信プロトコルを指定しなくても、TCP/IP が使用されます。接続を確立するときはデータベース・サーバ名を指定する必要があります。指定しないと、接続が失敗します。

  • [サーバ起動オプション] ウィンドウがサポートされない   データベース・サーバを起動し、オプションを何も指定しないと、[サーバ起動オプション] ウィンドウが表示されます。不完全なコマンドや不適切なコマンドを指定してデータベース・サーバを起動しようとすると、エラーが表示され、データベース・サーバは起動されません。

  • ODBC 接続で接続情報が要求されないことがある   SQLDriverConnect で ODBC DriverCompletion パラメータを使用すると、追加の接続情報を要求するプロンプトが表示されることがあります。このプロンプトが表示されません。SQLDriverConnect に失敗した場合、プロンプトが表示されず、エラーが返されます。

  • アンロード/再ロードがサポートされない   別のプラットフォームで Windows Mobile のデータベースを再構築し、Windows Mobile デバイスにデータベースをコピーする必要があります。これは、Windows Mobile データベースを再構築するときに推奨される方法です。次の項を参照してください。