Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの起動とデータベースへの接続 » 接続パラメータとネットワーク・プロトコル・オプション » 接続パラメータ

 

DatabaseFile 接続パラメータ [DBF]

実行していないデータベースを起動したときにロードして接続するデータベース・ファイルを指定します。

すでに実行中のデータベースに接続する場合は、DatabaseName (DBN) パラメータを使用します。

使用法

組み込みデータベース

文字列

デフォルト

デフォルト設定はありません。

備考

DatabaseFile (DBF) 接続パラメータは、データベース・サーバで実行されていない特定のデータベース・ファイルのロードと接続を行うために使用します。

  • 接続するデータベースが実行されていない場合、DatabaseFile (DBF) 接続パラメータを使用してそのデータベースを起動できます。

  • ファイル名に拡張子が含まれていない場合、SQL Anywhere は .db 拡張子の付いたファイルを検索します。

  • ファイルのパスは、データベース・サーバの作業ディレクトリの相対パスです。サーバをコマンド・プロンプトから起動すると、コマンド入力時の (現在の) ディレクトリが作業ディレクトリになります。サーバをアイコンかショートカットから起動すると、アイコンかショートカットを指定したディレクトリが作業ディレクトリになります。完全なパスとファイル名を指定することをおすすめします。

  • データベース・ファイルとデータベース名の両方を指定すると、指定した名前の実行中のデータベースに接続します (データベース・ファイルは無視されます)。接続に失敗すると、データベース・ファイルとデータベース名の両方を使用して、データベースが自動的に起動されます。CommLinks [LINKS] パラメータに TCPIP が含まれる場合、データベース・サーバは自動的には起動されません。

UNC ファイル名も使用できます。

UNC ファイル名の詳細については、SQL Anywhere データベース・サーバを参照してください。

実行されていないデータベース・ファイルを自動的に起動する場合、配備されたアプリケーションでは、ServerName (ENG) パラメータを使用してデータベース・サーバ名を指定することをおすすめします。そうしないと、アプリケーションが別のデータベース・サーバに接続する可能性があります。たとえば、データベース・サーバは、すでに実行されている埋め込みアプリケーションの一部である、異なるバージョンの SQL Anywhere サーバに接続することがあります。

警告

データベース・ファイルは、データベース・サーバと同じコンピュータ上に置いてください。ネットワーク・ドライブにあるデータベース・ファイルを起動すると、ファイルが破損することがあります。

参照

次の例の DatabaseFile (DBF) 接続パラメータは、サンプル・データベース demo.db をロードして接続します。

DBF=samples-dir\demo.db

samples-dir の詳細については、サンプル・ディレクトリを参照してください。

次の 2 つの例では、cities.db というデータベース・ファイルをすでに起動していて、次のように名前を Kitchener に変更したと仮定します。

dbeng11 cities.db -n Kitchener

データベースを起動して接続し、それを Kitchener と命名するには、次の手順に従います。

DBN=Kitchener;DBF=cities.db

DBF=cities.db と指定すると、Kitchener という名前の実行中のデータベースへの接続が失敗します。