Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの起動とデータベースへの接続 » データベース・サーバの実行

 

データベースの開始と停止

データベース・サーバは、一度に複数のデータベースをロードできます。次のコマンドで、データベースとサーバを同時に起動できます。

dbeng11 demo sample
警告

データベース・ファイルは、データベース・サーバと同じコンピュータ上に置いてください。ネットワーク・ドライブにあるデータベース・ファイルを操作すると、ファイルが破損することがあります。

起動中のサーバ上でのデータベースの開始

次のいずれかの方法で、サーバの起動後にもデータベースを起動できます。

  • サーバに接続されているときに、DatabaseFile (DBF) 接続パラメータを使用してデータベースに接続する。DatabaseFile (DBF) 接続パラメータは、新規接続用のデータベース・ファイルを指定します。そのデータベース・ファイルが現在のサーバ上で起動します。

    組み込みデータベースへの接続またはDatabaseFile 接続パラメータ [DBF]を参照してください。

  • サーバが選択されているときに、START DATABASE 文を使用するか、Sybase Central で [ファイル] - [データベースの開始] を選択する。

    START DATABASE 文を参照してください。

制限事項
  • サーバは、固定サイズのページを使用して、データベース情報をメモリに保持します。サーバがいったん起動すると、サーバより大きいページ・サイズのデータベースを起動することはできません。

    最大ページ・サイズの設定を参照してください。

  • -gd サーバ・オプションは、データベースの開始に必要なパーミッションを決定します。


データベースの起動
データベースの停止