Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの起動とデータベースへの接続 » 接続パラメータとネットワーク・プロトコル・オプション » 接続パラメータ

 

DatabaseSwitches 接続パラメータ [DBS]

データベース起動時に、データベースに指定のオプションを提供します。

使用法

データベースがロードされていないときに、サーバに接続します。この接続パラメータは、データベース・サーバが実行されていない場合に、指定されたデータベースとオプションでサーバを自動的に起動します。

文字列

デフォルト

オプションはありません。

備考

現在実行していないデータベースに接続するときにのみ、DatabaseSwitches を使用してください。DatabaseFile で指定されたデータベースをサーバが起動するとき、サーバは指定された DatabaseSwitches を使用して、データベースの開始オプションを決定します。

このパラメータを使用して指定できるのはデータベース・オプションのみです。サーバ・オプションは StartLine 接続パラメータを使用して指定してください。

データベース・オプションを参照してください。

注意

データベースの命名には、DatabaseSwitches (DBS) 接続パラメータで -n オプションを使用するよりも、DatabaseName (DBN) 接続パラメータを使用することをおすすめします。

参照

次のコマンドは、コマンド・プロンプトで 1 行に入力して実行します。このコマンドは、デフォルトのデータベース・サーバに接続し、データベース・ファイル demo.db (DatabaseFile (DBF) 接続パラメータ) をロードし、そのファイルに my-db (DatabaseName (DBN) 接続パラメータ) と名前を付け、これを読み込み専用モード (-r オプション) で開始します。

dbisql -c "UID=DBA;PWD=sql;DBF=samples-dir\demo.db;DBN=my-db;DBS=-r"

samples-dir の詳細については、サンプル・ディレクトリを参照してください。