Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの管理 » データベース管理ユーティリティ

 

情報ユーティリティ (dbinfo)

指定したデータベースに関する情報を表示します。

構文
dbinfo [ options ]
オプション 説明
@data

指定された環境変数または設定ファイルからオプションを読み込みます。設定ファイルの使用を参照してください。

設定ファイル内のパスワードなどの情報を保護する場合は、ファイル難読化ユーティリティを使用して、設定ファイルの内容を難読化できます。ファイル難読化ユーティリティ (dbfhide)を参照してください。

-c "keyword=value; ..."

接続パラメータを指定します。接続パラメータを参照してください。

有効なユーザ ID は情報ユーティリティを実行できますが、ページの使用状況に関する統計を取得するには DBA 権限が必要です。

-o filename 指定したファイルに、出力メッセージを書き込みます。
-q クワイエット・モードで実行します (メッセージを表示しません)。
-u

システム・テーブルやユーザ定義のテーブルを含むすべてのテーブルとマテリアライズド・ビューの使用状況とサイズに関する情報を表示します。

他のユーザがデータベースに接続しておらず、DBA 権限がある場合にのみ、ページ使用状況に関する統計情報を要求できます。ページ使用状況は、sa_table_page_usage システム・プロシージャを使用して取得されます。

備考

dbinfo ユーティリティを使用すると、データベースに関する情報が表示されます。データベースの名前、トランザクション・ログ・ファイルまたはログ・ミラーの名前、ページ・サイズ、照合名とラベル、テーブル暗号化が有効であるかどうかなどの情報がレポートされます。必要に応じて、テーブルの使用状況に関する統計とその詳細を含めることもできます。

dbinfo ユーティリティを使用して、ディスク上のテーブルのサイズを判断できます。そのためには、次のようなコマンドを実行します。

dbinfo -u -c "UID=DBA;PWD=sql;DBF=sample-dir\demo.db"

結果は、データベース内の各テーブルに含まれるデータを保持するために使用されているページ数 (Pages) と、それらのページの使用率 (%used) を示します。すべてのテーブルについて、ページ数にデータベース・ページのサイズを掛け、その結果に %used を掛けて、そのテーブル用に使用されている領域を判断できます。

終了コードは、0 (成功) または 0 以外の値 (失敗) です。

終了コードの詳細については、ソフトウェア・コンポーネントの終了コードを参照してください。