Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの設定 » データベース・オプション » データベース・オプションの概要 » アルファベット順のオプション・リスト

 

allow_snapshot_isolation オプション [データベース]

スナップショット・アイソレーションを有効または無効にします。

指定可能な値

On、Off

デフォルト

Off

スコープ

PUBLIC グループのみに設定できます。DBA 権限が必要です。

備考

このオプションは、データベースのスナップショット・アイソレーションを有効にするかどうかを指定します。このオプションを On に設定すると、トランザクションがスナップショット・アイソレーションを使用した場合、データベース・サーバは更新されたローの元のバージョンをテンポラリ・ファイルに記録します。

トランザクションが実行中である場合は、allow_snapshot_isolation オプションの設定を変更しても、新しい設定が直ちに有効になるわけではありません。このオプションの設定を Off から On に変更しても、その時点で実行中のトランザクションが完了した後でなければスナップショットは使用できません。このオプションの設定を On から Off に変更した場合は、未完了のスナップショットが完了してからバージョン情報の収集が停止され、新たなスナップショットは開始されません。

特定のデータベースについて現在のスナップショット・アイソレーションの設定を確認するには、SnapshotIsolationState データベース・プロパティの値を問い合わせます。

SELECT DB_PROPERTY ( 'SnapshotIsolationState' );

SnapshotIsolationState プロパティの値は、次のいずれかです。

  • On   データベースでスナップショット・アイソレーションが有効になっている。

  • Off   データベースでスナップショット・アイソレーションが無効になっている。

  • in_transition_to_on   現在のトランザクションの完了後にスナップショット・アイソレーションが有効となる。

  • in_transition_to_off   現在のトランザクションの完了後にスナップショット・アイソレーションが無効となる。

参照

次の文は、データベースのスナップショット・アイソレーションを有効にします。

SET OPTION PUBLIC.allow_snapshot_isolation = 'On';