Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの設定 » データベース・オプション » データベース・オプションの概要 » アルファベット順のオプション・リスト

 

synchronize_mirror_on_commit オプション [データベース]

非同期モードまたは非同期フルページ・モードにおいて、データベースの変更がミラー・サーバへ送信されたことがどの時点で保証されるかを制御します。

指定可能な値

On、Off

デフォルト

Off

備考

synchronize_mirror_on_commit オプションでは、非同期モードまたは非同期フルページ・モードにおいて、データベースの変更がミラー・サーバへ送信されたことがどの時点で保証されるかについて厳密に制御できます。このオプションのデフォルトは Off です。On に設定すると、COMMIT が発生するたびにトランザクション・ログに記録されたすべての変更がミラー・サーバへ送信され、それらの変更がミラー・サーバで受信されると、ミラー・サーバからプライマリ・サーバへ受信確認が送信されます。このオプションは、SET TEMPORARY OPTION を使用して特定のトランザクションに対して設定できます。また、ログイン・プロシージャで APPINFO 文字列を調べ、このオプションを特定のアプリケーションだけに設定すると、効果的な場合もあります。これによって、ミラーリング動作をさまざまなアプリケーションのニーズに適合させることができます。

参照