Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの設定 » データベース・オプション » データベース・オプションの概要 » アルファベット順のオプション・リスト

 

rollback_on_deadlock [データベース]

デッドロック発生時のトランザクションの処理方法を制御します。

指定可能な値

On、Off

デフォルト

On

スコープ

任意のユーザによって設定可能で、PUBLIC グループと個々の接続に設定できます。すぐに有効になります。

備考

このオプションを On に設定すると、デッドロックが発生した場合、トランザクションは自動的にロールバックされます。ロールバックは、現在の要求が完了した後で発生します。このオプションを Off に設定した場合、SQL Anywhere はデッドロックが発生した文を自動的にロールバックし、そのトランザクションに対して、発生したデッドロックの種類を示すエラー・メッセージを返します。文のロールバックでは、その文によって取得されたロックが解放される可能性はあまりありません。

デッドロックの詳細については、デッドロックを参照してください。