Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの設定 » データベース・オプション » データベース・オプションの概要 » アルファベット順のオプション・リスト

 

conn_auditing オプション [データベース]

auditing オプションが On に設定されている場合に、接続ごとに監査を有効または無効にします。

指定可能な値

On、Off

デフォルト

On

スコープ

現在の接続の間、テンポラリ・オプションとしてのみ設定できます。DBA 権限が必要です。

備考

conn_auditing オプションの設定は、ログイン・プロシージャに設定されている (login_procedure データベース・オプションで指定します) 場合のみ有効です。conn_auditing を On に設定すると、その設定の監査がオンになります。ただし、auditing オプションも On に設定しないかぎり、監査情報は記録されません。接続が監査されているかどうかを確認するには、次のプロシージャを実行します。

SELECT CONNECTION_PROPERTY ( 'conn_auditing' );
参照