Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの設定 » データベース・オプション » データベース・オプションの概要 » アルファベット順のオプション・リスト

 

log_deadlocks オプション [データベース]

デッドロック・レポートのオン/オフを制御します。

指定可能な値

On、Off

デフォルト

Off

スコープ

PUBLIC グループのみに設定できます。DBA 権限が必要です。すぐに有効になります。

備考

このオプションを On に設定した場合、データベース・サーバは、内部バッファ内のデッドロックに関する情報をログに記録します。バッファのサイズは、10000 バイトに固定されています。デッドロック情報は sa_report_deadlocks ストアド・プロシージャを使用すると表示できます。このオプションを Off に設定すると、バッファの内容はクリアされます。

デッドロックが発生すると、そのデッドロックに関わった接続のみの情報がレポートされます。接続のレポート順序は、どの接続がどの行を待っているかに基づきます。スレッド・デッドロックの場合、すべての接続の情報がレポートされます。

デッドロック・レポートがオンになっていると、デッドロックが発生した場合に Deadlock システム・イベントを使用してアクションを実行することもできます。システム・イベントの概要を参照してください。

参照