Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの設定 » データベース・オプション » データベース・オプションの概要 » アルファベット順のオプション・リスト

 

optimization_workload オプション [データベース]

クエリ処理において、更新と読み込みを組み合わせた負荷に対して最適化するか、または大部分が読み込みベースの負荷に対して最適化するかを決定します。

指定可能な値

Mixed、OLAP

デフォルト

Mixed

スコープ

PUBLIC グループのみに設定できます。DBA 権限が必要です。

備考

optimization_workload オプションは、SQL Anywhere が、更新と読み取りが組み合わさった負荷、または主に読み取りベースの負荷に対して、どちらのクエリ処理向けに最適化されるか制御します。

このオプションが Mixed (デフォルト) に設定されている場合、SQL Anywhere は短い挿入、更新、削除と、実行時間の長い読み取り専用クエリを組み合わせた負荷に対して適切なクエリ最適化アルゴリズムを選択します。

このオプションが OLAP に設定されている場合、SQL Anywhere は、実行時間の長いクエリの大部分とバッチ更新を組み合わせた負荷に対して適切なアルゴリズムを選択します。特に、オプティマイザは、クラスタード・ハッシュ Group By クエリ実行アルゴリズムを使用するように選択する場合があります。

オプションが OLAP に設定されている場合、クラスタード・ハッシュ Group By アルゴリズムが有効になります。このオプションを Mixed (デフォルト) に設定すると、このアルゴリズムは無効になります。

INSERT、UPDATE、DELETE、SELECT、UNION、EXCEPT、INTERSECT の各文に OPTION 句を含めることによって、各文で指定したオプション設定をこれらのオプションに対するテンポラリ設定やパブリック設定よりも優先させることができます。次の項を参照してください。

参照