Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの管理 » データベース管理ユーティリティ

 

Ping ユーティリティ (dbping)

データベース・サーバを検索し、データベースへの接続をテストします。

構文
dbping [ options ]
オプション 説明
@data

指定された環境変数または設定ファイルからオプションを読み込みます。設定ファイルの使用を参照してください。

設定ファイル内のパスワードなどの情報を保護する場合は、ファイル難読化ユーティリティを使用して、設定ファイルの内容を難読化できます。ファイル難読化ユーティリティ (dbfhide)を参照してください。

-c "keyword=value; ..."

dbping の動作を制御する接続パラメータを指定します。接続パラメータを指定しない場合、SQLCONNECT 環境変数が設定されていると、SQLCONNECT 環境変数からの接続パラメータを使用します。接続パラメータを参照してください。

次のコマンドを使用して dbping を実行すると、demo11 というデータベース・サーバがすでに実行中である場合、dbping はデータベース demo に接続しようとします。このデータベースがデータベース・サーバ demo11 で実行されていない場合、データベース・サーバは demo.db をロードしようとします。demo11 というサーバが見つからない場合、dbping はサーバを自動起動しようとします。

dbping -d -c "UID=DBA;PWD=sql;ENG=demo11;DBN=demo;DBF=samples-dir\demo.db"

samples-dir の詳細については、サンプル・ディレクトリを参照してください。

-d

サーバだけではなく、データベースに対しても ping を実行します。

-d オプションを指定すると、dbping はサーバとデータベースに接続できた場合のみ、処理の成功をレポートします。-d オプションを指定しない場合、dbping は、-c オプションによって指定されたサーバを検出すると処理の成功をレポートします。

たとえば、データベース sample を実行する blair という名前のデータベース・サーバがある場合、次のコマンドは成功します。

dbping -c "ENG=blair;DBN=demo"

次のコマンドは失敗し、「データベースへの ping が失敗しました -- 指定されたデータベースが見つかりません。」というメッセージが表示されます。

dbping -c "ENG=blair;DBN=demo" -d
-en 指定したプロパティによって NULL が返された場合に、dbping が失敗を示すリターン・コードを返して終了することを指定します。デフォルトでは、 -pc、-pd、-ps のいずれかで指定されたプロパティの値が不明である場合、dbping は NULL を出力し、成功を示すリターン・コードを返して終了します。このオプションは、-pc、-pd、-ps を指定する場合のみ使用できます。
-l library

使用するライブラリを指定します (ファイル拡張子は付けません)。このオプションを使用すると、ODBC ドライバ・マネージャの使用が回避されるので、UNIX オペレーティング・システムで便利です。

たとえば、次のコマンドは、ODBC ドライバを直接ロードします。

dbping -m -c "DSN=SQL Anywhere 11 Demo" -l dbodbc11

UNIX でスレッド接続ライブラリを使用する場合は、ping ユーティリティのスレッド・バージョンである dbping_r を使用します。

-m ODBC を使用して接続を確立します。デフォルトでは、このユーティリティは、Embedded SQL インタフェースを使用して接続します。
-o filename 指定したファイルに、出力メッセージを書き込みます。
-pc property,...

指定されている接続プロパティを表示します。プロパティは、カンマで区切って指定します。このオプションを使用するには、データベース接続を確立するために必要な接続情報を指定してください。接続プロパティを参照してください。

たとえば、次のコマンドは、接続プロパティとして使用できる fire_triggers オプションの設定を表示します。

dbping -c ... -pc fire_triggers
-pd property[@db-name],...

指定されているデータベース・プロパティを表示します。プロパティは、カンマで区切って指定します。データベース・プロパティを参照してください。

たとえば、次のコマンドは、データベースで使用されているページ・サイズを表示します。

dbping -c ... -pd PageSize

必要に応じて、値を取得するデータベースの名前を指定できます。プロパティに @db-name を追加してデータベース名が指定されていない場合は、前のプロパティに指定されたデータベース名が使用されます。

次のコマンドは、データベース mydb で使用されているページ・サイズと照合を表示します。

dbping -c ... -pd PageSize@mydb,Collation
-ps property,...

指定されているデータベース・サーバ・プロパティを表示します。プロパティは、カンマで区切って指定します。このオプションを使用するには、データベース接続を確立するために必要な接続情報を指定してください。データベース・サーバ・プロパティを参照してください。

たとえば、次のコマンドは、データベース・サーバに対するラインセス・シート数またはプロセッサ数を表示します。

dbping -c ... -ps LicenseCount
-q クワイエット・モードで実行します (メッセージを表示しません)。
-s dbping を実行しているコンピュータとデータベース・サーバを実行しているコンピュータ間のネットワークのパフォーマンス情報を返します。接続速度、遅延時間、スループットの概算値が表示されます。通常は、-c オプションを使用して、サーバ上のデータベースに接続するための接続パラメータを指定します。dbping -s は Embedded SQL 接続でのみ使用できます。-m または -l を指定した場合、-s オプションは無視されます。デフォルトでは、dbping -s は測定する統計ごとに最低 1 秒間、要求のループ処理を実行します。リソースが浪費されることを防ぐために、処理に要する時間にかかわらず、接続と切断は最高 200 回までしか実行されません。低速のネットワークでは、各統計について最低回数の反復処理を実行するために数秒かかることがあります。パフォーマンス統計は概算値であり、クライアント・コンピュータとサーバ・コンピュータの両方がアイドル状態である方が統計値の精度は高くなります。Embedded SQL 接続のパフォーマンスのテストを参照してください。
-st time このオプションは -s と同じ働きをします。ただし、-st では、dbping が測定する各統計について要求のループ処理を実行する時間を秒単位で指定できます。このオプションでは、-s を使用した場合より精度の高いタイミング情報を取得できます。Embedded SQL 接続のパフォーマンスのテストを参照してください。
-z 接続するために使用されたネットワーク通信プロトコルと、他の診断メッセージを表示します。このオプションは、Embedded SQL 接続が行われるときのみ使用できます。つまり、このオプションは、-m または -l と組み合わせて使用することはできません。
備考

dbping ユーティリティは、接続の問題をデバッグするのに役立つツールです。これは、完全な接続文字列か部分的な接続文字列を取り、サーバまたはデータベースが見つかったか、あるいは接続が成功したかどうかを示すメッセージを返します。

このユーティリティは、Embedded SQL または ODBC 接続に対して使用できます。jConnect (TDS) 接続に対しては使用できません。

終了コードは、0 (成功) または 0 以外の値 (失敗) です。ソフトウェア・コンポーネントの終了コードを参照してください。