Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの起動とデータベースへの接続 » データベース・サーバ » データベース・サーバ・オプション

 

-qn サーバ・オプション

起動時にデータベース・サーバ・メッセージ・ウィンドウを最小化しないことを指定します。

構文
{ dbsrv11 | dbeng11 } -qn ...
適用対象

Windows

Linux (X-Window Server が使用されている場合)

備考

デフォルトでは、データベース・サーバが起動すると、データベース・サーバ・メッセージ・ウィンドウは自動的に最小化されます。このオプションを指定すると、データベース・サーバが起動しても、データベース・サーバ・メッセージ・ウィンドウは最小化されません。

データベース・サーバを自動的に起動するアプリケーションがアクティブでなく、-qn が指定されている場合、データベース・サーバ・メッセージ・ウィンドウはバックグラウンドで表示されることがあります。

Linux では、-qn オプションとともに -ux オプション (X-Window Server の使用を指定) を指定する必要があります。

参照

次のコマンドは、Linux または Solaris 上でデータベース・サーバを起動し、データベース・サーバ・メッセージ・ウィンドウを表示して、データベース・サーバの起動が完了した後でデータベース・サーバ・メッセージ・ウィンドウを最小化しません。

dbeng11 -ux -qn sample.db