Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの起動とデータベースへの接続 » データベース・サーバ » データベース・オプション

 

-ad データベース・オプション

データベースに適用されるトランザクション・ログ・ファイルがあるディレクトリを指定します。-ad データベース・オプションは、database-file の後に指定する必要があり、そのデータベースだけに適用されます。

構文
{ dbsrv11 | dbeng11 } [ server-options ] database-file -ad log-directory ...
適用対象

すべてのオペレーティング・システムとデータベース・サーバ

備考

-ad オプションを使用すると、指定したディレクトリでデータベースのトランザクション・ログ・ファイルが検索されます。トランザクション・ログ・ファイルの開始ログ・オフセットがデータベース・ファイルに保存されている開始ログ・オフセットと等しいか、それより大きい場合、トランザクション・ログ・ファイルはログ・オフセット順に適用されます。すべてのトランザクション・ログ・ファイルが適用されると、データベースは停止します。トランザクション・ログ・ファイルの適用が完了した後もデータベースの実行を継続する場合は、-as オプションも一緒に指定する必要があります。

参照

次の例では、backup ディレクトリ内のログ・ファイルが mysample.db データベースに適用され、適用が完了すると、データベースが停止します。

dbeng11 "c:\mysample.db" -ad "c:\backup"

次の例では、backup ディレクトリ内のログ・ファイルが mysample.db データベースに適用され、適用の完了後もデータベースの実行は継続します。

dbeng11 "c:\mysample.db" -ad "c:\backup" -as