Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの起動とデータベースへの接続 » データベース・サーバ » データベース・サーバ・オプション

 

-es サーバ・オプション

共有メモリを経由した暗号化されていない接続を許可します。

構文
{ dbsrv11 | dbeng11 } -ec encryption-options -es ...
適用対象

すべてのサーバとオペレーティング・システム (Windows Mobile を除く)

備考

このオプションは、-ec オプションとともに指定された場合のみ有効です。-es オプションは、共有メモリを経由した、暗号化されていない接続を許可するようにデータベース・サーバに指定します。TCP/IP を介した接続では、-ec オプションで指定された暗号化タイプを使用する必要があります。このオプションは、リモート・クライアントからのデータベース・アクセスには暗号化された接続を使用し、パフォーマンス上の理由から、ローカル・コンピュータからのデータベース・アクセスには暗号化されていない接続を使用できるようにしたい場合に便利です。

参照

次の例は、単純暗号化を使用する接続と、共有メモリを経由した暗号化されない接続を許可します。

dbsrv11 -ec SIMPLE -es -x tcpip c:\mydemo.db