Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの管理 » データベース管理ユーティリティ

 

サーバ停止ユーティリティ (dbstop)

データベースまたはデータベース・サーバを停止します。

構文
dbstop [ options ] [ server-name ]
オプション 説明
@data

指定された環境変数または設定ファイルからオプションを読み込みます。設定ファイルの使用を参照してください。

設定ファイル内のパスワードなどの情報を保護する場合は、ファイル難読化ユーティリティを使用して、設定ファイルの内容を難読化できます。ファイル難読化ユーティリティ (dbfhide)を参照してください。

-c "keyword=value; ..."

接続文字列を指定します。ネットワーク・サーバを停止する場合は、サーバを停止するパーミッションのあるユーザ ID を接続文字列に含める必要があります。デフォルトでは、ネットワーク・サーバに対しては DBA 権限が必要であり、パーソナル・サーバはすべてのユーザが停止できます。ただし、-gk サーバ・オプションを使用するとこれを変更できます。

接続パラメータを指定する場合は、サーバ名を指定しないでください。接続パラメータUnconditional 接続パラメータ [UNC]-gk サーバ・オプションを参照してください。

-d データベース・サーバは停止しません。代わりに、接続文字列で指定したデータベースだけを停止します。
-o filename 指定したファイルに、出力メッセージを書き込みます。
-q クワイエット・モードで実行します (メッセージは表示されません)。
-x サーバへのアクティブな接続がある場合、サーバを停止しません。このオプションを使用すると、dbstop はアクティブな接続があるときでもプロンプトを表示しません。
-y サーバにアクティブな接続がある場合でも、サーバを停止します。これは、接続パラメータに Unconditional=YES を含めることと同等です。
server-name

現在のコンピュータ上で稼働中のデータベース・サーバの名前を指定します。シャットダウン時にパーミッションが一切必要にならないように、データベース・サーバを起動してください。パーソナル・データベース・サーバは、デフォルトではこのモードで起動します。ネットワーク・データベース・サーバの場合は、-gk all オプションを指定してください。-gk サーバ・オプションを参照してください。

サーバ名を指定する場合は、接続パラメータを指定しないでください。

備考

サーバ停止ユーティリティは、データベース・サーバを停止します。-d オプションを使用して、指定したデータベースを停止できます。

サーバ停止ユーティリティはコマンド・プロンプトでのみ実行できます。ウィンドウ・ベースの環境では、データベース・サーバ・メッセージ・ウィンドウで [シャットダウン] をクリックしてデータベース・サーバを停止できます。

オプションを使用して、アクティブな接続がある場合にも接続を停止するかどうか、またサーバを停止するのかデータベースのみを停止するのかを制御できます。

サーバ上にアクティブな接続がある場合の dbstop の動作を制御できます。アクティブな接続がある場合、dbstop はそのサーバを停止するかどうかをたずねるプロンプトを表示します。この動作を変更するには、-x オプションと -y オプションを使用します。

データベース・サーバを停止できる場合、すべてのデータベースが終了し、データベース・サーバが停止して、同じ名前のサーバを起動して同じデータベースを実行できる状態になってから、dbstop が完了します。dbstop が完了しても、データベース・サーバ・プロセスは動作したままとなることがあり、そのリソース (-o サーバ・オプションで指定された出力ファイルなど) も使用中の状態が続くことがあります。

終了コードは、0 (成功) または 0 以外の値 (失敗) です。ソフトウェア・コンポーネントの終了コードを参照してください。

dbstop で SQLCONNECT 環境変数を使用する場合は、-c オプションを指定する必要があります。それ以外の場合に -c オプションを使用すると、予期しない結果となることがあります。

myserver という名前のサーバを実行していて、データベースは起動していないとします。このサーバを停止するには、DatabaseName (DBN) 接続パラメータとしてユーティリティ・データベースを指定します。

dbstop -c "UID=DBA;PWD=sql;ENG=myserver;DBN=utility_db"

myserver という名前のサーバを実行していて、データベース demo.db が動作中であるとします。このサーバとデータベースを停止するには、次のように指定します。

dbstop -c "UID=DBA;PWD=sql;ENG=myserver"

myserver という名前のパーソナル・サーバを実行しているとします。接続が確立されている状態で、このサーバとデータベースを停止するには、次のように指定します。

dbstop -y myserver

myserver という名前のサーバを実行していて、データベース demo.db が動作中であるとします。他のデータベースやサーバを停止しないでデータベース demo.db だけを停止するには、次のコマンドを実行します。

dbstop -c "UID=DBA;PWD=sql;ENG=myserver;DBN=demo" -d