Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの保守 » スケジュールとイベントの使用によるタスクの自動化 » イベント処理タスク

 

イベント・ハンドラのデバッグ

いかなるソフトウェア開発でもデバッグは必要です。イベント・ハンドラは、開発プロセスでデバッグすることができます。

♦  イベント・ハンドラをデバッグするには、次の手順に従います (Sybase Central の場合)。
  1. DBA 権限のあるユーザとしてデータベースに接続します。

  2. [モード] - [デバッグ] を選択します。

  3. 左ウィンドウ枠で、[イベント] をダブルクリックします。

  4. デバッグするイベントをダブルクリックします。

  5. 右ウィンドウ枠の [SQL] タブで、[F9] キーを押してブレークポイントを設定します。

  6. Interactive SQL または他のアプリケーションから、TRIGGER EVENT 文を使用してイベント・ハンドラをトリガします。

  7. 設定したブレークポイントで実行が停止します。

参照