Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの設定 » データベース・オプション » データベース・オプションの概要 » アルファベット順のオプション・リスト

 

default_timestamp_increment オプション [データベース] [Mobile Link クライアント]

カラム中の値をユニークにするために TIMESTAMP データ型のカラムに追加する時間 (マイクロ秒単位) を指定します。

指定可能な値

整数 (1 ~ 1000000)

デフォルト

1

スコープ

個々の接続または PUBLIC グループに設定できます。すぐに有効になります。

備考

SQL Anywhere では、TIMESTAMP 値の精度が小数第 6 位であるため、2 つの同一の TIMESTAMP 値を区別するために、デフォルトでは 1 マイクロ秒 (0.000001 秒) が追加されます。

Microsoft Access などのソフトウェアの中には、TIMESTAMP 値を小数点第 3 位までトランケートしてしまうため、正しい比較を行う上で問題になるものもあります。互換性を確保するために、truncate_timestamp_values オプションを On に設定し、SQL Anywhere が格納する小数点以下の桁数を指定できます。

Mobile Link 同期に対し、このオプションを設定する場合は、最初の同期の実行前に設定する必要があります。

参照