Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの設定 » ユーザ ID、権限、パーミッションの管理 » ユーザのパーミッションと権限の管理の概要

 

データベースからユーザを削除する

Sybase Central と Interactive SQL のどちらでも、データベースからユーザを削除できます。ユーザの削除中は、対象ユーザはデータベースに接続できません。

ユーザを削除すると、そのユーザが所有するテーブルなどのデータベース・オブジェクトもすべて削除されます。

ユーザを削除できるのは、DBA 権限を持つユーザだけです。

♦  データベースからユーザを削除するには、次の手順に従います (Sybase Central の場合)。
  1. DBA 権限のあるユーザとしてデータベースに接続します。

  2. [ユーザとグループ] をクリックします。

  3. ユーザを右クリックし、[削除] を選択します。

  4. [はい] をクリックします。

♦  データベースからユーザを削除するには、次の手順に従います (SQL の場合)。
  1. DBA 権限のあるユーザとしてデータベースに接続します。

  2. DROP USER 文を実行します。

データベースからユーザ M_Haneef を削除します。

DROP USER M_Haneef;
参照