Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 11.0.1 (日本語) » SQL Anywhere サーバ - データベース管理 » データベースの起動とデータベースへの接続 » 接続パラメータとネットワーク・プロトコル・オプション » ネットワーク・プロトコル・オプション

 

DoBroadcast プロトコル・オプション [DOBROAD]

クライアントがデータベース・サーバを検索する方法と、データベース・サーバが起動時にブロードキャストを実行するかどうかを制御します。

使用法

TCP/IP

ALL、NONE、DIRECT (クライアント側)

YES、NO (サーバ側)

デフォルト

ALL (クライアント側)

YES (サーバ側)

備考

クライアントでの使用法   DoBroadcast=ALL に設定した場合、ブロードキャストを実行してデータベース・サーバを検索します。最初は、ローカル・サブネットにブロードキャストされます。HOST= を指定した場合、各ホストにはブロードキャスト・パケットも送信されます。ブロードキャスト・パケットはすべて UDP パケットです。

DoBroadcast=DIRECT を設定した場合、データベース・サーバを検索するときに、ローカル・サブネットへのブロードキャストは実行されません。ブロードキャスト・パケットは、HOST (IP) プロトコル・オプション・リストにあるホストにのみ送信されます。DoBroadcast=DIRECT を指定する場合は、HOST (IP) プロトコル・オプションが必要です。

DoBroadcast=NONE を指定すると、UDP ブロードキャストは使用されず、サーバ・アドレス・キャッシュ (sasrv.ini) は無視されます。指定した HOST/PORT との TCP/IP 接続が直接行われ、サーバ名が検証されます。TCP/IP の場合は、VerifyServerName (VERIFY) プロトコル・オプションを NO に設定して、サーバ名を検証しないようにすることもできます。HOST (IP) プロトコル・オプションは LDAP を使用していない場合は必須のパラメータですが、ServerPort (PORT) プロトコル・オプションは省略可能です。

DIRECT と NONE の場合は、HOST オプションでサーバ・ホストを指定します。

サーバでの使用法   DoBroadcast=NO に設定すると、起動時にデータベース・サーバがブロードキャストを実行して、同じ名前の他のサーバを検索しないようにできます。この設定が役に立つ場合もまれにありますが、通常は必要ありません。

参照

次のコマンドは、ブロードキャストを実行してデータベース・サーバを検索することなく、クライアントを起動します。サーバは silver という名前のコンピュータ上でのみ検索されます。

CommLinks=tcpip(DOBROADCAST=DIRECT;HOST=silver) demo